仕事+英語=普通に考えたら、時間が足りません。

日常

こんにちは、バギーラです。

今日のブログの題名を見て、勘の良い方ならもうお分かりなのではないでしょうか。

分からなくてもよいのです。私が書く文章が分かりにくいのです。皆さんは悪くありません。そして、これからも読みやすく分かりやすい文章を書けるように毎日精進いたします。ですので、これからも見守ってくださると嬉しいです。

さて、本日は「朝活」のお話です。

簡潔に言うと「朝活を習慣化する」まで続けることを決めました。

決めるのは簡単ですが、続けることが難関なんですよね。何度も挫折してきたから本当によくわかります。

ではなぜ続かなかったのか?過去の自分を振り返って原因を探りました。

原因①:朝、決めた時間に起きられない。

シンプルで分かりやすい原因ですね。ではなぜ決めた時間に起きられなかったのでしょうか。

過去(1年前)に起床時間として設定した時間は、午前5時、季節は11月でした。

「早く寝よう」「早くねなければ」と思って就寝するわけですが、気合を入れれば入れるほど悲しいかな、目が冴えまくるものですよね。そしていつも以上に夜更かしをして朝になるという悪循環。やめたいけど止められない、その歯がゆさ良くわかるよ過去の自分…。

原因②:夜、なかなか眠くならない(眠れない)。

眠くならないのは、体と脳が睡眠を欲するまで疲労していないからである、と当時読んだ朝活本に書いてあったこともあり、とにかく当時は少しでも体を疲れさせるためにウォーキングをしたりしていました。でも疲れすぎて逆に目が冴えるようなこともありましたし、その日は疲れて眠れたとしても翌日の夜はまた目が冴えてなかなか眠れない、ということを繰り返していました。体も脳も生活しているだけで疲弊していく感覚がとても辛かったことを覚えています。

原因③:冬季に入っていたのに、夏季と同じ時間に起きようとしていた。

最近読んだ朝活本には「冬季は夏場より日の出が遅いので、そのサイクルにあわせて夏季よりも30分ほど長く眠ると良い(意訳)」というような事が書いてあり、思わず頷いてしまいました。

冬だけど無理に日の出前に起きなくていいんだ、と思うだけでわたしの場合は気が楽になりました。もちろん夏季と同じ時間に起きても体調が変わらない方はそのままの時間でよいと思います。

ここまで振り返って原因が分かったことで、今後の朝活ルールを書いてみます。

バギーラの早起きルール 3選

サプリメントを活用して入眠しやすくする

11月から3月までは目標起床時間+30分遅い時間も起床目標にする

布団に入る時間を決めて、布団に入ったらそのまま目を瞑ってゆっくり呼吸する

本日のまとめ

あくまでも「バギーラの朝活ルール」になってしまいましたが、上記3点を意識して生活すると確かに入眠に関しては以前よりも楽になりました。

ちなみにルール①で使用しているのは「メラトニン」サプリです。

飲んで30分から一時間ほどすると、自然と眠気がやってきます。

緊張する試験前夜でも、苦労せずに入眠することができたので重宝しています。

今回の記事がどなたかのお役にたてれば幸いです。

では、今日のリザルト報告です。

英語長文 Lesson07~Lesson12 音読×2

英語長文 Lesson01~Lesson12 ヒアリング×1

本日はこれにて。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました